アラキドン酸 サントリー

アラキドン酸を補給して脳を若返らせましょう。

脳を若返らせるとして最近注目されているアラキドン酸は、人間のあらゆる組織を構成するのに必要な、
必須脂肪酸の一つですが、体内ではほとんど生成されないため、60歳ぐらいから減少するといわれております。

 

そのために脳の健康を維持するためにも、アラキドン酸を積極的に食事から補給することが重要になってきます。

 

人間のあらゆる組織を構成し、生きていくうえで欠かせない必須脂肪酸であるアラキドン酸。
アラキドン酸を多く含む食品は、レバーや卵、母乳、鶏もも肉(皮付き)などといわれておりますが、
コレステロールの摂りすぎなどにも注意する必要がありますね。

 

おなじくとても重要な必須脂肪酸であるDHAとバランスよく摂っていくことがとても大事であるといわれます。

 

DHAは、マグロやイワシなどの青魚に多く含まれています。
DHAもとても重要な必須脂肪酸であり、 長寿国日本の健康を支えてきたともいわれています。
サントリーは両成分をバランスよく補えるように1:1の割合で配合し、さらに、 サポート成分のアスタキサンチンもプラスしたサプリメントを開発したそうです。

 

実際、 「青魚」と「肉、卵」をバランスよく摂ることができればいいのでしょうが、なかなか難しいですよね。
この辺に着目したサントリーさん、さすがですね。 ところで、このアラキドン酸が脳の認知機能を高める働きや脳の老化を改善することが
いろんな実験などから証明されつつあるとのことですので今後注目ですね。


アラキドン酸の効能とサントリーの研究

サントリーは杏林大、京都大、大阪大などと、 アラキドン酸の効能に関する共同研究を進めてきたそうです。

 

それによると健康な60―70歳の男性20人 に対し1日当たり240ミリグラムのアラキドン酸を一カ月間、毎日摂取するグループと
偽薬のオリーブ油を毎日摂取するグループに分けて、 摂取前後の認知能力を比較したそうです。

 

2000ヘルツと1000ヘルツの周波数の音を ランダムに聞かせて、反応速度などを調べたそうです。

 

結果はアラキドン酸を摂取したグループの方が、反応速度や集中力が改善しており、 反応速度で7・6歳、
集中力では5歳若返ったとのことと、発表しました。

 

またアラキドン酸は、記憶をつかさどる海馬という場所に多く存在するといわれておりますが、
海外の研究でも、アルツハイマー型痴ほう症の方は、明らかに脳内の海馬に存在するはずのアラキドン酸が減っていたとする 報告もあるそうです。

 

サントリーでは「アラビタ」というアラキドン酸を含む健康食品サプリメントを開発しました。
「アラビタ」は、約30日分、180粒入りで1本6300円で販売されているようです。

 

最近、人の名前を忘れがちだとか、 前日の夕食に何を食べたのか忘れてしまう、
などという方は試してみてはいかがですか^^。

 

これからますます広がるであろう高齢社会を活き活きと健康に過ごすためにも、
高齢社会をサポートするアラキドン酸が注目です。


プライバシーポリシーについて

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 を使用することがあります。(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) ユーザーは Google の広告およびコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシーにアクセスし、cookie オプションを使用しないように設定することができます。ブライダルエステ 脱毛口コミ